旭川礼拝所〜輝☆喜(キラ☆キラ)〜|霊波之光(RHK)

霊波之光 旭川礼拝所青年部の活動を紹介するブログです。
最北の礼拝所、旭川からあふれる喜びをお伝えします。

青年部のブログをご覧の皆さん、こんにちは。
昨日に引き続き、ダルです。宜しくお願いします。

今日は、息子のお話をします。
先月の末に、息子が頭が痛いと言い、その少しあとに嘔吐してしまいました。それでも、学校に行くと言う、息子を引き止めすぐに病院に向かいました。

何度か、病院に足を運び検査をしました。MRIの結果も異常なかったのですが、ついた病名は、『起立性障害』でした。今では、珍しくない病気ですが、
なかなか薬が合わず、今はしばらく学校をお休みしています。
私自身何となく、前向きになれずいますが、祈りをを忘れずに、しっかりと一歩一歩あゆんでいきたいです。ありがとうございました。

RHK 青年部 ダル

こちらもご覧下さい。
http://yokohamashibu.jugem.jp/

青年部のブログをご覧のみなさん、こんにちは。
旭川礼拝所青年部のダルです。よろしくお願いします。
雪も降り、外に出るのがしんどくなりましたが…寒さに負けず、頑張りたいですね!

テーマである、食せる感謝ですが、最近食欲があまりなく、ご飯作りもなかなか大変です。体調の悪い時、私の主人は調理師なので、夕飯を作ってくれます。その時は、ご飯がしっかり食べれるので主人と食べれる事に感謝ですね!今、子供2人体調を崩していて、あまり食欲がないですが、『ママご飯作ってくれてありがとう』と言ってくれる。これがまた、嬉しい事です。

少しお話がズレた様な気がしますが、食べれることがあたりまえと思わず、毎日御守護神様に食せる事に感謝を忘れず過ごしていきたいです。

短いですが、ありがとうございました。

RHK 青年部 ダル

こちらも是非ご覧下さい。
http://rhk-kouchi.jugem.jp/

皆さん、こんにちはSuzumeです(*^^*)
昨日に引き続き、本日もよろしくお願い致します


最近、Suzumeは「喜びの素晴らしさ」を学ばせて頂く事がありました。

少し前の事ですが…
Suzumeは、8月中旬頃から約1ヶ月間、謎の下腹部痛が毎日あり(´・_・`)

痛み自体は軽かったのですが、少しでも力を入れると響く感じがして…
重い物を持ったり、走る事が出来なくなり、普通に歩く事も出来ずにいました

↑9月のブログで「かかりつけの病院で検査をしました」と書いたのは、実はこの事^^;

今思うと、下腹部痛と言うより、その辺りの神経痛だったのかもしれません。

病院では「どこも腫れていないし、大丈夫ですよ」と言われていたので、異常がない事はわかっていたのですが、なかなか治らない事に不安を覚え始めた頃…

Suzumeの元に「喜び」が舞い降りて来ました

特定奉仕での喜びです

「御守護神様、二代様のお役に立てた
「家族にも、一緒にあゆむ仲間にも、きっと喜んでもらえる

そう思うと、嬉しさのあまり、Suzumeは我を忘れて階段を駆け下りていました

そして、数分後…

「あれ?さっきSuzume、走ってたなぁ( ・_・)」と気付いた時には、ほぼ普通に歩けるようになっていたのです

更にその夜、母と2人でパンフレット布教をさせて頂いた時、虫にビックリしたSuzumeが、思わず駆け足で車に戻ると(*≧Δ≦)

母に「その走り方なら、もう大丈夫だね」と言われ、数日後には、痛みがきれいに取れていました

御守護神様、二代様、ありがとうございます

他にも、
喜びであゆむ度に嬉しい事があり

先日は、ご奉仕を通して「人の喜びは我が喜び」の御教えを心から実感できた時、人の言葉や姿を気にとめてモヤモヤとしていた気持ちが吹き飛んでしまいました(*'▽'*)

喜びは、マイナスなものを跳ね返して行ける素晴らしい心なんですね

気付くと、喜びの中で一生懸命行っている時は、心配事も駆け引きの心もなく、真心ひとつになれていました。

これからも、喜びであゆむ事を大切に、そして、周りの人にも喜びの心になって頂けるように、前進させて頂きます

☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°

本日は、札幌支部青年部ブログをご紹介

札幌支部 WAI WAI ふれあいと~く

大好きバッチで頂いた体験、素晴らしいですね(*^^*)
Suzumeは、バッチの裏側を読まずにつけている事が多いので
忘れずに読ませて頂きたいと思います

それでは、2日間お読み下さり、ありがとうございました

旭川礼拝所地域 青年部 Suzume

皆さん、こんにちはSuzumeです(*^^*)
今日から2日間よろしくお願いします


**11月のテーマ「食せる感謝」**

Suzumeが食せる感謝を強く感じられるようになったのは、

もう10年近く前になりますが、食せない辛さを、身を持って経験してからの事でした。

当時、Suzumeは極度のストレスから胃腸障害を起こし、食事が全く出来なくなり…

貧血でフラフラになるわ、髪の毛はたくさん抜けるわ、全身の脂肪はなくなるわで、体力が落ち、自宅ではほぼ寝たきりの毎日でした。

この状態が4ヶ月続く中、病院では、胃薬が出されるだけで、点滴もしてもらえず…
今思えば、水分もろくに摂れていなかったのに、よく生きていたなぁと思います^^;

毎日、賛助会の家内安全御札を抱かせて頂き、火伏せの御笹だんごを頂きながら、

「家族の為に、そしてSuzumeの回復を祈り、待っていてくれる人たちの為にも、絶対に元気になろう

と、御守護神様、二代様を求めていました。

また母も、Suzumeの命の危機を感じながらも「御守護神様は、必ず留守を守って下さる」と信念を持って、会合やご奉仕にと、あゆんでくれました。

そうした中、Suzumeは相変わらず食せずにいましたが

「食べられないって、こんなに辛いんだ…」

と、自分が食せなくなって初めて“普通に食べられる事”が、どんなに幸せかを痛感した時…

「自分は今食べる事ができないけれど、家族は普通に食べる事ができる。家族に『食せる喜び』を感じてもらいたい。こんな体調だけど、5分なら台所に立てる

と思い、ボロボロの体で料理をするようになりました。

母は、Suzumeが作ったご飯を食べて、泣いていました

初めは、簡単な炊き込みご飯から始めましたが、日ごとに、お味噌汁を作ったり、魚を焼いたり、おかずも用意できるようになっていき…

ある時、鮭を焼いた時の事です。

Suzumeは、鮭の焼き魚が嫌いだったのですが、その時ばかりは、出来立ての香りがとても美味しそうに感じて…

体は食べ物を受け付ける状態ではありませんでしたが、「一口で良いから食べてみたい」と思い、ほんのカケラを口に入れてみました。

すると、今までに感じた事のない美味しさが口の中いっぱいに広がり…

「鮭って、こんなに美味しかったんだ…」

と思った瞬間、涙があふれ「ごめんね」と鮭に向かって謝りました

鮭に謝るなんて、おかしいかもしれませんが
健康な時には気づけなかった鮭の美味しさに、自分が今まで、食に対してどれだけワガママだったかを思い知り、「ごめんね」と言わずにはいられなかったのです。。

Suzumeが鮭の焼き魚を通して、食せることの感謝、幸せを、心に刻んだ瞬間でした。


その後、Suzumeは御慈愛を頂いて、台所に立っていられる時間が長くなり、布教にも出掛けられるようになり、

少しずつ食せるようになって、すっかり元気にして頂きました(*^^*)

当時の4ヶ月は、長く苦しい日々でしたが、今となっては宝物です

この経験があったからこそ、Suzumeは食せる喜びをかみしめられるようになり、人の幸せを祈れるようになりました。

今、食せる喜びと感謝でいっぱいです

御守護神様、二代様、ありがとうございます

☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°

本日は、本部北部地域の青年部ブログをご紹介

霊波之光RHK和・輪・笑~wawawa~

「毎日が宝物」と言う記事にある、役員さんの言葉が素晴らしいなぁと感動しました。
ぜひ、こちらもご覧下さい


旭川礼拝所地域 青年部 Suzume


ブログをご覧の皆さん、こんにちは。

旭川礼拝所地域青年部 お知らせ担当 たいせつ君です。

来月の旭川礼拝所地域青年部行動予定です。

☃集会、ご奉仕等☃
12月2日(月)御聖誕感謝の礼祭日
12月15日(日)青年部参拝集会(卒部式)
12月31日(火)越年前夜祭

ふれあい訪問日程
旭川1地区 12月5日(木)
旭川2地区 12月6日(金)
旭川3地区 12月4日(水)
旭川富良野1地区 12月15日(日)
旭川留萌1地区 12月18日(水)
※詳細につきましては各地区、各班の役員さんにお尋ねください※

♫コーラス部練習日程♫
12月10日(火)13時 礼拝所講話室2

※変更等がありましたらお知らせします。

↑このページのトップヘ